エスノンホールの特長
トップ > エスノンホールの特長 > 特長ポイント4

特長ポイント4

低圧や高圧の容量を問わない幅広い施工が可能となり、重荷重に対しては、屋根に接着する受け部材を増やして荷重を分散することが可能です。また、従来の工法に比べて約25%の工数削減と工程の短縮が可能です。

特長ポイント4